• アクセスマップ

HOME > フォレストサポートセンター > 記事一覧 > 【活動報告】平成27年度 里山整備士養成講座(第10期 実践)研修概要

【活動報告】平成27年度 里山整備士養成講座(第10期 実践)研修概要

第10期生5名が、実践講座の研修に取り組みました。

安佐北区安佐町にある「ひろしま市民の里@安佐」内の里山林及び竹林を実習地とし、

測量、植生調査、整備計画の作成、モデル林の整備等を行いました。

受講生は、基礎講座で学んだことを活かしながら、自分たちの手で里山整備の企画、立案、

実施に取り組むことで、実践的な知識と技術を養いました。

1年間の全10回の講座研修概要は以下のとおりです。

第1回「概略調査・測量」
平成27年4月25日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

実習地を選定し、測量範囲を決めるための踏査と、コンパスを使った外周測量を行

いました。あわせて、保存したい植生のマーキングも行いました。

第2回「植生調査」
平成27年5月23日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

標準地の植生調査を行うため、10m×10mのプロットを設定し、樹木の位置、樹

高、枝下高、胸高直径、樹冠幅を計測しました。

第3回「整備計画の作成1」
平成27年6月6日(土) 【場所】広島市農業振興センター

測量、植生調査の結果をもとに、利用目的と整備目標について協議し、具体的な整備

方法を考えました。動物公園側の意向を踏まえ、「モリアオガエルやギフチョウを育む癒しの森」という目的に決まりました。

第4回「整備計画作成2」
平成27年6月27日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

整備計画をより良いものにするために、もう一度実習地を歩いた上で、再度協議し、

計画を完成させました。

第5回「モデル林の整備1」
平成27年7月25日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

整備計画に基づき、常緑樹や枯死木の伐採を行い、丁寧に棚積みをしました。

第6回「モデル林の整備2」
平成27年9月19日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

整備計画に基づき、間伐と棚積みを行い、伐採木を利用してベンチとイスを作製しま

した。

第7回「モデル林の整備3」
平成27年10月24日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

整備計画に基づき、ササの下刈りや間伐、棚積みを行いました。モリアオガエルの産

卵場所となるよう、池の周りに低木を移植しました。

第8回「指導実習」
平成27年11月7日(土) 【場所】ひろしま市民の里@安佐

もりメイト育成講座の受講生に対して、竹林整備の指導を行いました。竹挽き鋸の使

い方や棚積みの方法、安全対策などを熱心に指導しました。

第9回「モデル林の整備4」
平成27年12月20日(日) 【場所】広島市安佐動物公園

整備計画に基づき、水場の掃除と樋の補修を行い、看板と手すりの設置も行いまし

た。4回の整備実習で、林内は明るくなり、観察しやすい森にすることができました!


第10回「総括」
平成28年2月6日(土) 【場所】広島市安佐動物公園

広島市安佐動物公園にて実習の成果報告を行いました。午後は里山整備士の役割につ

いて学び、2年間の講座のふり返りと今後の抱負についてのレポートを作成しました。