直販支援


平成23年3月20日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成23年3月20日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、ウミタナゴ、クロダイ、生ワカメ(1本まるごと)、ヒジキ、テングサでした。

今回の生ワカメ販売は、東北関東大震災のチャリティー販売として行われました。ワカメ1本まるごとで販売されましたので、葉・茎・メカブがそれぞれ楽しめます。売上金は全て義援金として送金されたそうです。

平成23年3月6日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成23年3月6日(日)のひろしま朝市春まつりの様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、スズキ等の鮮魚、ナマコ、ゆでタコ、生ワカメ(葉、茎、メカブ)、ヒジキ、テングサ、むき身カキ、殻付カキ及び焼きカキでした。

また、魚のさばき方実演が行われ、割り箸を使ってエラと内臓を簡単に取り出す方法等が紹介されました。飛び入りで挑戦される方もいらっしゃいましたよ。

平成23年2月6日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成23年2月6日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、モクズガニ、ナマコ、ゆでタコ、生ワカメ、ヒジキでした。

このところ、ゆでタコを販売されています。タコをゆでるのは、塩でもんでヌメリをとる作業が大変なんですよ。新鮮で美味しい地物のタコがお求めやすくなっていますので、ぜひ味わってみてください。

なお、3月6日(日)に、 「ひろしま朝市春まつり」が開催されます。詳しい内容が決まりましたら、トップページにチラシを掲載します。昨年度の様子はコチラです。

平成23年1月23日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成23年1月23日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、クロダイ、メバル等の鮮魚、モクズガニ、生ワカメ、むき身カキ及び殻付カキでした。

今時期のクロダイは絶品ですよ。先日、刺身で食べましたが、あまりの美味しさに、ついついお酒が・・・。また、アラは、煮付けと潮汁にしていただきました。皆さん、ひろしま朝市の新鮮なクロダイをぜひ味わってみてください。

なお、ひろしま朝市でのカキの販売は不定期です。販売が決まりましたらトップページでお知らせしますので、こまめにチェックしてください。

平成23年1月9日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成23年1月9日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、クロダイ、スズキ、ウマズラハギ、モクズガニ、マダコ、生ワカメでした。

今回から生ワカメの販売が始まりました。この時期に収穫されるワカメは、まだ小さく、量が採れないので貴重品です。柔らかくてとても美味しいので、ぜひ食べてみてください。

販売されているワカメは、広島市水産振興センターで生産した種苗を養殖したものです。詳しくはここをクリックしてください。

平成22年12月26日(日) ひろしま朝市

むき身カキ

平成22年12月26日(日)のひろしま朝市感謝祭の様子です。

今回販売されたのは、マダコ、イシガニ等、むき身カキ(写真左)及び殻付カキでした。海が時化ていたため、残念ながら魚の販売がありませんでした。その他に、焼きカキ、海鮮汁、シジミ汁も販売され、大変好評でした。

当日は、約1,300人のお客様が来場され大変賑わいました。

ひろしま朝市のイベントは年に4回(春・夏・秋・冬)開催しています。次回のイベントは、3月6日(日)に開催される予定です。

平成22年12月5日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年12月5日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されていたのは、メバル、カサゴ、ウミタナゴ、コノシロ、マダコでした。

メバル、カサゴは活魚で販売されていました。これ以上新鮮な魚はないですよね。

このところ、コノシロがお客さんに好評のようです。新鮮で値段がお手頃とあって、リピーターの方もいらっしゃいます。刺身、酢漬け、塩焼きの他にも、包丁やフードプロセッサーでミンチにする食べ方を紹介されていました。

平成22年11月7日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年11月7日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、クロダイ、スズキ、キュウセン等の鮮魚、シジミでした。

シジミの獲れる量が減ってきたため、今回で今シーズンのシジミの販売が終了しました。シジミの販売が終了したのは残念ですが、今後、どのような魚介類が販売されるか楽しみです。

なお、12月26日(日)に、 「ひろしま朝市感謝祭」が開催されます。詳しい内容が決まりましたら、トップページにチラシを掲載します。昨年度の様子はコチラです。

平成22年10月17日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年10月17日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ガザミ(ワタリガニ)、マコガレイ、イシガレイ、キュウセン等の鮮魚、シジミでした。

水温が下がってきたため、シジミの獲れる量が減ってきたとのことです。シジミは、冷凍保存できますので、お早めにお買い求めください。

平成22年10月3日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年10月3日(日)のひろしま朝市秋まつりの様子です。

今回販売されたのは、ガザミ(ワタリガニ)、クロダイ等の鮮魚、シジミ、テングサでした。また、「太田川しじみ」を使ったシジミ汁も販売され、美味しいと好評でした。

ひろしま朝市のイベントは年に4回(春・夏・秋・冬)開催しています。次回のイベントは、12月26日(日)に感謝祭が開催される予定です。昨年度の感謝祭の様子はコチラです。

平成22年9月26日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年9月26日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ガザミ(ワタリガニ)、クロダイ、チダイ、カマス等の鮮魚、シジミでした。

強風のため漁が大変だったようですが、楽しみにして来られるお客様のために頑張って獲ってこられたそうです。

次週(10月3日)は、いよいよ「ひろしま朝市秋まつり」です。鮮魚やシジミの販売のほか、シジミ汁の販売が行われる予定です。うどんや炊き込みご飯の販売、福引きなどもありますのでぜひお越しください。チラシはこちらです。

平成22年9月12日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年9月12日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ガザミ(ワタリガニ)、キュウセン(ギザミ)等の鮮魚、ムラサキイガイ、シジミ、テングサでした。

先日からテングサが販売されています。これで簡単に「ところてん」をつくることができますよ。「ところてん」は、ミネラル、食物繊維が豊富なノンカロリーの健康食品ですので、ぜひ試してみてください。

なお、10月3日(日)に、 「ひろしま朝市秋まつり」が開催されます。詳しい内容が決まりましたら、トップページにチラシを掲載します。

平成22年8月22日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年8月22日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、アイナメ、ウミタナゴ、コノシロ、クロダイ、スズキ等の鮮魚、ムラサキイガイ、シジミでした。

このところ販売される魚の種類が豊富になってきており、お客様も何にしようか迷うほどです。「今日はどんな魚があるかな」と楽しみにして来られるお客さんもいらっしゃいます。なお、販売される魚の種類や量は海の状況等により変わりますのでご了承ください。

平成22年8月8日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年8月8日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ウマズラハギ、シロギス、キュウセン、カマス等の鮮魚、ムラサキイガイ、シジミでした。

この日、ムラサキイガイが初めて販売され大変好評でした。ムラサキイガイは、一般的には「ムール貝」と呼ばれている二枚貝で、パエリア、ブイヤベース、パスタ料理などに用いられています。酒蒸しなどでも美味しく頂けますので、ぜひ味わってみてください。

平成22年8月1日(日) ひろしま朝市

さばき方実演

平成22年8月1日(日)のひろしま朝市夏まつりの様子です。

今回販売されたのは、メバル、ウミタナゴ、クロダイ、シロギス、コノシロ、ガザミ等の鮮魚、シジミでした。

暑い日でしたが、たくさんのお客さんで賑わいました。魚のさばき方実演(写真左)では、包丁を入れる角度や場所など、上手にさばくコツが紹介されました。

平成22年7月25日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年7月25日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ガザミ、シジミでした。

この日は、「土用の丑の日」の前日とあって、 「土用シジミ」とPRして販売されていました。ウナギとシジミをセットで食べれば、夏バテ防止間違い無しですね。

次週は、いよいよ「ひろしま朝市夏まつり」です。鮮魚やシジミの販売のほか、魚のさばき方実演が行われる予定です。福引きなどもありますのでぜひお越しください。チラシはこちらです。当日の配置図はこちらです。

平成22年7月11日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年7月11日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、マダイ、メバル、カサゴ、シジミでした。

今回もあいにくの雨模様でした。今年は日曜日に雨が降ることが多いので、出店者の方は準備等が大変ですが、楽しみにして来られるお客様のために頑張っておられます。

なお、8月1日(日)に、 「ひろしま朝市夏まつり」が開催されます。詳しい内容が決まりましたら、トップページにチラシを掲載します。

平成22年6月27日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年6月27日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、コロダイ等の鮮魚、シジミでした。

年中美味しいシジミですが、特に美味しい時期となりました。この時期のシジミは 「土用シジミ」と呼ばれ、昔から夏バテに良い食べ物とされ珍重されてきました。「土用の丑の日」には、ウナギと一緒にシジミ汁はいかがですか?ちなみに今年の「土用の丑の日」は、7月26日(月)です。

 

平成22年5月30日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年5月30日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、オニオコゼ、マコガレイ、メバル、カサゴ、クロダイ、ボラ等の鮮魚、シジミでした。

前日に「ひろしま朝市」についてテレビで紹介されたこともあり、販売開始前から行列(左写真)ができました。

6月6日(日)は休市日ですので、次回の販売は6月13日(日)です。

平成22年5月23日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年5月23日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、オニオコゼ、マコガレイ、カサゴ等の鮮魚、シジミでした。

今回も前回に引き続きオニオコゼが好評でした。ご存じの方も多いと思いますが、オニオコゼの背びれのトゲには猛毒があり、刺されると激痛がはしります。販売する際は、もちろんこの背びれは切り落としますよ。身の部分は刺身に、アラは味噌汁骨せんべいにと、いろいろ楽しめます。

あいにくの雨でしたが、お客様は傘をさしながら熱心に品定めされていました。これから雨の多い時期を迎えますが、生産者の方は頑張って販売されますので、雨の日でもぜひお越しください。

平成22年5月16日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年5月16日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、オニオコゼ、メバル等の鮮魚、モクズガニ、シジミでした。

オニオコゼの販売は初めてでしたが、1番人気でした。刺身、唐揚げ、味噌汁などで美味しくいただけます。広島市水産振興センターでは、オニオコゼの種苗生産を行っています。詳しくはここをクリックしてください。

今回はテレビ新広島さんの取材がありました。前日の漁の様子も取材されたそうです。5月29日(土)9:55〜11:25の「情報チャージ 知りため!」で放映されるそうですのでぜひご覧ください。

平成22年5月9日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年5月9日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、メバル等の鮮魚、モクズガニ、シジミでした。

人気の「太田川しじみ」に 「特選」シールが貼ってあるものがありました。通常でも大粒な「太田川しじみ」ですが、その中でもさらに大きなものを選んでいるのが 「特選」です。シジミ汁だけではなく、バター焼き(レシピはこちら)やパスタ料理などで味わってみてください。

平成22年4月18日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年4月18日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、メイタガレイ、モクズガニ、アカニシ、シジミでした。

このところ野菜が高騰しているためか、この日はお客さんが多かったようです。ひろしま朝市では、地元でとれた新鮮で安心、安全な農林水産物を販売しています。今後もたくさんのご来場をお待ちしています。

平成22年4月11日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年4月11日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、アイナメ、クロソイ等の鮮魚、シジミでした。

雨が降り、出店者のみなさんは準備等大変でしたが、頑張って販売されていました。

この時期のマコガレイは「花見カレイ」と呼ばれています。冬場に産卵したマコガレイは、桜の咲くこの時期に体力を回復して美味しくなります。刺身、唐揚げ、煮付けが最高です。ぜひ、味わってみてください。

広島市水産振興センターでは、このマコガレイの種苗生産を行っています。詳しくはここをクリックしてください。

平成22年4月4日(日) ひろしま朝市

販売風景

平成22年4月4日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、メバル、カサゴ等の鮮魚、シジミ、モクズガニでした。

今回から鮮魚の販売が始まりました。地元で獲れた新鮮なお魚です。

販売されているのは「広島漁師の会」の皆さんです。地元で獲れた魚介類をPRするため、毎週頑張っておられます。

今年度もこのページでひろしま朝市の様子をご紹介しますのでお楽しみに。

昨年度のひろしま朝市の様子はこちらです。