直販支援


平成25年3月31日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年3月31日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、ゆでダコ、生ワカメ、アサリ、乾燥ヒジキ、テングサ、青ノリなどでした。

今回は、これから旬を迎える地物のアサリが販売されました。栄養豊かな広島湾で育ったアサリは、酒蒸しや味噌汁にして食べると絶品です。

平成25年3月3日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年3月3日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、クロダイ、カキ、ゆでダコ、タコの卵、生ワカメ、ムカデノリ、乾燥ヒジキ、テングサ、青ノリなどでした。

カキやワカメの販売は間もなく終了予定ですので、お早めにお買い求めください。

写真は、ムカデノリという海藻です。コリコリした食感で、お刺身のツマやサラダに入れると良いそうです。

平成25年2月3日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年2月3日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、クロダイ、スズキ、カキ(むき身、殻付き)、生ワカメ、乾燥ヒジキなどでした。

旬を迎えた生ワカメの販売が行われています。この時期のワカメは軟らかく、他ではなかなか味わえない貴重な食材です。値段も手ごろなので一度試してみてください。

平成25年1月6日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年1月6日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、クロダイ、ササノハベラ、ナマコ、アワビ、カキ(むき身、殻付き)、乾燥ヒジキなどでした。また、焼きガキの販売も行われました。

今年の初売りが行われ、ぜんざいや雑煮も振る舞われてお正月らしい雰囲気でひろしま朝市がスタートしました。広島漁師の会では、広島湾の旬の味覚のナマコが販売されています。コリコリした独特の食感は冬の醍醐味です。是非お試しください。

平成24年12月23日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年12月23日(日)のひろしま朝市感謝祭の様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、モクズガニ、ナマコ、ゆでダコ、アワビ、ツブ貝、カキ(むき身、殻付き)などでした。

新鮮な魚介類に加えて、感謝祭恒例の焼きガキが販売されました。広島漁師の会では、ザ・広島ブランドにも認定されている草津かきを販売しています。カキをお探しの方は、是非ひろしま朝市にお越しください。

次回の朝市は、1月6日(日)に初売りが行われます。

平成24年11月25日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年11月25日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、クロダイ、スズキ、ハゲ、ギザミ(キュウセン)、キス、ツブ貝などでした。

シーズン初物となる太田川産モクズガニが販売されました。モクズガニは、海のカニと比べてカニ味噌がとても濃厚なのが特徴です。市販されることが少ないカニなので、見つけたら是非お試しください。

平成24年11月11日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年11月11日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、アジ、クロダイ、スズキ、ハゲ、ウミタナゴ、コノシロ、ツブ貝などでした。

今回は、いいサイズのマルハゲ(カワハギ)が販売されていました。マルハゲは、刺身だけでなく、肝がとても美味しい魚です。鮮度の良いものを見つけたら一度試してみてください。

平成24年10月28日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年10月28日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、アジ、ギザミ(キュウセン)、ハゲ、ウミタナゴ、コノシロ、イシダイ、ツブ貝などでした。

写真のイシダイは、縞模様が特徴的で、歌舞伎の衣装に由来して「三番叟(さんばそう)」とも呼ばれます。刺身がとても美味しい高級魚です。

平成24年10月7日(日) ひろしま朝市

朝市の様子

平成24年10月7日(日)のひろしま朝市秋まつりの様子です。

今回販売されたのは、メバル、アジ、ギザミ(キュウセン)、キス、ハゲ、ウミタナゴ、コノシロ、アナハゼ、ツブ貝、ムール貝(ムラサキイガイ)、テングサなどでした。また、秋まつり特別メニューとして、コノシロやウミタナゴの海鮮焼きとワタリガニなどが入った海鮮汁が販売されました。

脂がのったコノシロの海鮮焼きもワタリガニの出汁がたっぷり入った海鮮汁もお客さんに大好評でした。

平成24年9月9日(日) ひろしま朝市

平成24年9月9日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、カサゴ、ギザミ(キュウセン)、キス、ウミタナゴ、コノシロ、アナハゼ、ツブ貝、ムール貝(ムラサキイガイ)、テングサなどでした。

今回も広島漁師の会のメンバー3名が、新鮮な魚介類を販売しました。顔なじみのお客さんも増えて、それぞれの魚介類にファンが定着してきているようです。

平成24年8月26日(日) ひろしま朝市

カメノテ

平成24年8月26日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、ソイ、カサゴ、ギザミ(キュウセン)、キス、ウミタナゴ、コノシロ、ツブ貝、ムール貝(ムラサキイガイ)、カメノテ、テングサなどでした。

今回は、珍味「カメノテ」の販売がありました。一見すると亀の手のように見えるのでカメノテと呼ばれていますが、エビやカニの仲間で茹でて皮をむけば簡単に食べられる、通には人気の一品です。

珍味と言えば、9月の海辺の教室は、その名もズバリ「海の珍味を食べよう」です。色々な海の珍味の紹介や試食がありますので、是非ご参加ください。詳しくはこちらをご覧ください。

平成24年8月5日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年8月5日(日)のひろしま朝市夏まつりの様子です。

今回販売されたのは、メバル、ギザミ(キュウセン)、ササノハベラ、ウミタナゴ、コノシロ、アジ、ツブ貝、ムール貝(ムラサキイガイ)、テングサなどでした。

夏まつりには、たくさんのお客さんが来場され、水産物の販売もいつも以上の盛況ぶりでした。今年は、太田川しじみが不漁で、朝市でなかなか販売できないのですが、代わりにムール貝が一躍人気商品になり、楽しみにしているお客さんも多いようです。

平成24年7月15日(日) ひろしま朝市

トコロテン

平成24年7月15日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、ギザミ(キュウセン)、ササノハベラ、ウミタナゴ、コノシロ、ムール貝(ムラサキイガイ)、テングサ、トコロテンなどでした。

今回は暑い夏にぴったり、漁師さん手作りのトコロテンが販売されました。ポン酢や酢醤油、黒蜜をかけて食べるとさっぱりして美味しいですよ。

来月8月5日(日)は、恒例の夏まつりが開催される予定です。詳細は、後日、このホームページでも紹介します。

平成24年6月24日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年6月24日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、メバル、カサゴ、キス、ギザミ(キュウセン)、アジ、ツブ貝、ムール貝(ムラサキイガイ)、テングサなどでした。

今年初めてのムール貝の販売がありましたが、人気が高くすぐに売切れでした。フライパンで蒸し焼きにすれば調理も簡単なので一度試してみてください。その他、キスやギザミといったこれからが旬の魚も販売されています。

平成24年5月13日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成24年5月13日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、シジミ、デベラ(タマガンゾウビラメ)、メイタガレイ、メバル、オコゼ、コウイカ、アカニシ、ツブ貝、テングサなどでした。

待ちに待った太田川しじみの販売が開始されました。今年は水温が低く、まだまだ獲れる量は少ないようです。久しぶりの出品とあって、楽しみにしていたお客さんが殺到し、あっという間に完売しました。朝市名物の大粒シジミを是非味わってみてください。

平成24年4月15日(日) ひろしま朝市

朝市販売風景

平成24年4月15日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、マコガレイ、クロダイ、スズキ、カサゴ、メバル、オコゼ、アイナメ、グチ、コノシロ、カワハギ、コウイカ、ガザミ、アカニシ、ツブ貝、テングサなどでした。

今回は魚がたくさん販売されました。どれをとっても鮮度抜群で値段も手ごろです。ひろしま朝市の「広島漁師の会」のテントは毎週出店していますので、是非一度のぞいてみてください。