直販支援


平成26年3月30日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成26年3月30日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、生ワカメ、カキ(むき身)、ゆでタコ、ひじき、天草などでした。今回は、広島漁師の会の販売ブースの中で、大人気商品の1つであるカキの販売が今シーズンは最後ということで、カキを求める常連客の方が朝早くから来場されました。常連客の方からは、ひろしま朝市で買ったカキは鮮度も良くとても美味しいので、販売が終了するのは残念だけど、是非来シーズンも是非購入したいという言葉がありました。

今シーズンのカキの販売は、終了しますが、これからも広島漁師の会では、新鮮で旬の魚介類を販売しているので、是非ご来場ください。

平成26年2月2日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成26年2月2日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、生ワカメ、ナマコ、カキ(むき身及び殻付き)、ゆでタコなどでした。

今回販売されたものの中には、ナマコがありました。ナマコには、特有の歯ごたえがあり、酢の物で食べるととても美味しいです。また、ナマコは、ビタミンB、ビタミンE、カルシウム、鉄、亜鉛などの栄養成分を豊富に含んでおり、体にも大変良い食材とされています。是非お試しください。

平成26年1月19日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成26年1月19日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、生ワカメ、ナマコ、カキ(むき身及び殻付き)、ゆでタコなどでした。

今回販売されたものの中には、今シーズン初の生ワカメがありました。新芽のワカメはとても柔らかく、味噌汁やしゃぶしゃぶにして食べるととても美味しいです。また、新芽のワカメは、なかなか流通しないため、新芽のワカメを是非食べてみたい方は、ひろしま朝市にお越し下さい。

平成25年12月29日(日) ひろしま朝市感謝祭

ひろしま朝市

平成25年12月29日(日)のひろしま朝市感謝祭の様子です。

今回販売されたのは、キュウセン、メバル、ウマヅラハギ、アイナメ、サザエ、カキ(むき身及び殻付き)などでした。「広島漁師の会」では、感謝祭の特別企画として、日頃の感謝を込め、「焼きガキ」と「海鮮汁」の販売を行いました。「焼きガキ」は、身がたくさん詰まり、ぷっくりとしたカキを炭火でじっくり焼き上げ、お客さんからは味が濃厚でとても美味しいと好評でした。また、広島湾で獲れた魚介類をふんだんに使った「海鮮汁」も魚介類の旨みがしっかりと出ていてとても美味しいと好評でした。

平成25年最後の朝市ということもあり、感謝祭はたくさんのお客さんで大変賑わっていました。平成26年も「広島漁師の会」では、広島湾で獲れた新鮮な魚介類等を販売していますので、是非お越しください。

平成25年12月8日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年12月8日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、キュウセン、メバル、クロソイ、サザエ、カキ(むき身)、天草などでした。

今回販売された魚介類の中には、今が旬の「カキ(むき身)」がありました。広島市内のカキ養殖業者の方が心をこめて育てたカキは、一粒一粒がとても大きく、食べごたえがあります。寒くなり、鍋をする機会も多くなる時期なので、是非一度お試しください。

平成25年12月1日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年12月1日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、ウマヅラハギ、カキ、イシダタミガイ(つぶ貝)、ゆでダコ、ひじきなどでした。12月になり、朝の冷え込みも一段と強まってきましたが、ひろしま朝市は、たくさんのお客さんで賑わっていました。

今回販売された魚介類の中で人気があったものの中には、「ゆでダコ」がありました。新鮮なタコを漁師さんが丁寧に処理しているので、刺身で食べることもできます。他にも酢の物、おでん等色々な食べ方を楽しむことができます。是非一度食べてみてください。

平成25年11月10日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年11月10日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、スズキ、アイナメ、エソ、ウミタナゴ、イシダタミガイ(つぶ貝)、ひじきなどでした。

「広島漁師の会」では、広島湾で獲れた新鮮なお魚の他に、生ひじきが販売されました。 ひじきは、カルシウム、鉄、リン、カリウム、ヨウ素などのミネラルを多く含んでおり、体にとても良い食材です。朝市で見かけたら是非お試しください。

平成25年10月6日(日) ひろしま朝市秋まつり

ひろしま朝市

平成25年10月6日(日)のひろしま朝市秋まつりの様子です。

今回販売されたのは、ギザミ(キュウセン)、コノシロ、メバル、カサゴ、マコガレイ、ウミタナゴ、エソ、イシダタミガイ(つぶ貝)、ところてん、天草などでした。

また、秋まつりの特別企画として、「広島漁師の会」では、広島湾で採れたコノシロを焼き魚にして提供しました。コノシロを炭火でじっくりと焼き上げると、香ばしいかおりが広がり、たくさんのお客さんを惹きつけていました。実際に食べてみると、脂がしっかりとのっていてとても美味しいと大好評でした。

平成25年9月8日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年9月8日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、ウミタナゴ、タイ、アジ、ウマヅラハギ、イシダタミガイ(つぶ貝)、ところてん、天草などでした。

9月に入り、だんだん秋が近づいてきて、朝市で販売されるお魚の種類も少しずつ変わってきました。今後どんなお魚が販売されるか楽しみですね。是非一度足を運んでみてください。

平成25年7月21日(日) ひろしま朝市夏まつり

ひろしま朝市

平成25年7月21日(日)のひろしま朝市夏まつりの様子です。

今回販売されたのは、ギザミ(キュウセン)、キス、マゴチ、メバル、イシダタミガイ(つぶ貝)、アカニシ、青のり、新芽ひじき、ところてん、天草などでした。

また、夏まつりの特別企画として、「広島漁師の会」では、広島湾に生息する魚介類を観察することができる「ミニ広島湾水槽」の展示が行われました。夏休み中ということもあり、小さなお子さんもたくさん来場され、元気に泳ぎ回る魚たちに興味津々でした。

平成25年6月30日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年6月30日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ギザミ(キュウセン)、クロダイ、カレイ、キス、マゴチ、シタビラメ、ウマヅラハギ、オニオコゼ、ハモ、ホウボウ、ゆでタコ、コウイカ、イシダタミガイ(つぶ貝)、アカニシ、ところてん、天草などでした。

今回販売された魚介類の中で、お客さんの人気を集めていたのはつぶ貝でした。つぶ貝の調理方法が記載されたレシピカードも一緒に配布され、お酒のおつまみとして購入されるお客さんもたくさんいました。

平成25年6月23日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年6月23日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、ギザミ(キュウセン)、クロダイ、カレイ、キス、ゆでタコ、アカニシ、ところてん、天草などでした。

お店には、彩の鮮やかなギザミ(キュウセン)がたくさん並び、お客さんの目を楽しませていました。

気温も高くなり、夏バテに注意が必要な時期になりましたが、朝市で販売されている新鮮な海の魚をたくさん食べ、体力をつけて乗り切りましょう!

平成25年5月12日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年5月12日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、マコガレイ、グチ、ウミタナゴ、エソ、クロダイ、アイナメ、アサリ、ゆでタコ、乾燥ワカメ、乾燥ヒジキなどでした。

色々な種類の魚介類が販売されましたが、どれもすぐに売り切れてしまうほど大人気でした。

ひろしま朝市は、毎週日曜日の午前8時15分より平和大通り南側緑地帯で開催されていますので、是非お越しください。

平成25年4月21日(日) ひろしま朝市春まつり

ワカメ

平成25年4月21日(日)のひろしま朝市春まつりの様子です。

今回販売されたのは、メバル、スズキ、カレイ、クロダイ、ウマヅラハギなどの魚介類と広島湾で採れた天草で作った「ところてん」などでした。

また、春まつりの特別企画として、「広島漁師の会」では、広島湾で育てた「昆布」を無料で配布し、配布予定の200袋が開始15分でなくなってしまうほど、お客さんに大好評でした。

平成25年4月7日(日) ひろしま朝市

ひろしま朝市

平成25年4月7日(日)のひろしま朝市の様子です。

今回販売されたのは、メバル、生ワカメ、乾燥ヒジキなどでした。

週末から大荒れの天気予報だったため、ほとんど漁に出れなかったそうですが、それでも新鮮なメバルが販売されました。

4月21日(日)は、ひろしま朝市春祭りが開催されます。内容はこのホームページでもお知らせしますので、是非お越しください。