栽培漁業


オニオコゼ

オニオコゼ

オニオコゼは本州中部以南の200m以浅の砂泥底や岩礁地帯にすみ、大きいものでは30cmぐらいまで成長します。普段は砂にもぐっていることが多く、周りに来た小魚やエビ・カニ等を待ちぶせして食べます。背びれのトゲには猛毒があり、刺されると激痛がはしります。 産卵期は6〜8月で、海水に浮く直径約1.3mmの卵を数回に分けて産みます。ふ化直後の仔魚(しぎょ)は全長約3mmで、海水中をフワフワと浮遊しています。全長10mm以上になったぐらいで成魚と同じような形態になり、浮遊生活から底生生活へ移ります。これを着底(ちゃくてい)といいます。オニオコゼは高級魚で知られており、刺身や唐揚げ、味噌汁等で余すことなく食べられる美味しい魚です。

ふ化・成長

産卵されてから1日が経過した受精卵です。うっすらと魚の形が出来上がってきています。

ふ化後7日目の仔魚です。

ふ化後10日目の仔魚です。大きな胸びれが特徴です。

ふ化後50日目です。すでに着底(ちゃくてい)して、成魚とほとんど同じ形態をしています。

オニオコゼの特徴

背びれのトゲには毒があり、これにより外敵から身を守ります。

3cmぐらいになると砂にもぐるようになり、近寄ってきたエサを待ちぶせして食べます。写真の中にオニオコゼがかくれているのが分かりますか?