広島市水産振興センター

HOME > 広島市水産振興センター

8月21日(日)は展示室を開館します。

記事一覧を見る

広島市水産振興センターは、広島市域における水産業の振興を図るため、栽培漁業の推進、養殖技術の普及指導を行うとともに、施設を一般公開し、漁業者や市民に対して水産に関する情報の提供、知識の普及啓発を行っています。

トピックス

ガザミの放流

2016.07.23更新

160720ガザミ
 19日、ガザミ種苗(稚ガニ3令)15万尾を広島市内の沿岸域(干潟や藻場)へ放流しました。ガザミは「ワタリガニ」とも呼ばれ、とても泳ぎが上手なカニです。放流したガザミ種苗も元気に海底に泳いでいきました。

 6月、7月で合計25.9万尾のガザミ種苗を放流しました。

7月の海辺の教室のテーマは「チリメンモンスター」でした。

2016.07.22更新

0717-05
7月の海辺の教室は、「チリメンモンスター」をテーマに開催しました。
「チリメンモンスター」は、シラス干しやチリメンジャコを製造する際に、本来であれば規格外として捨てられてしまうイワシの稚魚以外の生物です。
海の生物の多様性や食物連鎖について学習することができると毎年、大変人気のあるテーマです。
今回の教室では、シラス漁やチリメンジャコの製造工程などについて学習した後、チリメンモンスター探しと観察を行いました。見つけ出したチリメンモンスターは、種類を調べて、画用紙に張り付け、図鑑を作成しました。
詳しくはこちらをご覧ください。
これまでのトピック集

参加・体験・イベント情報

開館時間 午前8時30分~午後5時
休館日 土曜・日曜日(第3日曜日を除く)・祝日・振替休日、12/29~1/3・8/6
駐車場 無料(約20台収容)
所在地 アクセスマップ〒733-0833広島市西区商工センター八丁目5番1号
TEL:082-277-6609/FAX:082-278-0632
アクセスカウンター