本文はじまり

どんな産品があるの?

広島菜

来 歴

広島菜は京都より、江戸時代に種を持ち帰ったという説と、明治の初めに株を持ち帰ったという説があります。
明治から昭和にかけて、大阪の川岸に進出していた広島かき船で漬物として使われ、広く世間に知られるようになりました。
呼び名は、昭和8年の産業博覧会(現在の原爆ドームで開催)で命名展示されたのが始まりといわれています。

特 徴

広島菜は、ほとんどが「広島菜漬」に加工されています。繊維が少なく、軟らかで、口にほのかに広がる香りと、ピリッと風味をもっています。主に贈答用として11月下旬から、全国各地に発送されています。

ちょっと一言

広島菜は、歯切れのよさと風味が最高です。最近では年間を通して「小京菜」として、浅漬けにしたり、煮たりして、美味しく食べられています。

本文終わり