• アクセスマップ
  • 施設のご案内

畜産振興・診療

HOME > 広島市農業振興センター > 畜産振興・診療

畜産振興

広島市の畜産

広島市には、養牛(ようぎゅう)農家が約20戸、養鶏(ようけい)農家が1戸、養豚(ようとん)農家が1戸あり、肉用牛約550頭、乳用牛約360頭、採卵鶏(さいらんけい)約18万羽、豚約700頭が飼養(しよう)されています。
(令和3年2月時点)。

牛肉も“ひろしまそだち”~広島市和牛一貫生産の取り組み~

みなさんは、牛肉にも“ひろしまそだち”があるのを知っていますか?
広島市内で育った黒毛和種のお肉は“ひろしまそだち”の牛肉です。
広島市内の畜産農家は、この“ひろしまそだち”の牛肉をより多くの人に知ってもらい、食べてもらうために、広島市内で生まれた牛を市内で肥育する「和牛一貫生産」に取り組んでいます。
広島市や振興センターは、この取り組みに対して支援を行っています。