平成29年度 (公財)広島市農林水産振興センター水産部 事業計画

公益目的事業

漁業技術の普及指導等

水産資源の確保及び漁業生産の増大を図るため、次の事業を行う。
1 カキ養殖に関する調査及び指導

カキ養殖に関する諸調査を行い、その結果をもとに研修会の実施や養殖指導を行う。

(1) カキ採苗調査

良質の種苗を確保するため、カキ幼生の出現状況や稚ガキの付着状況について調査を実施する。

(2) 害敵生物調査

ア ムラサキイガイの幼生の出現状況や稚貝の付着状況の調査を行う。

イ 稚ガキ、アカフジツボ等の付着状況の調査を行う。

(3) 出荷サイズ調査

カキの成育状況、出荷動向等を把握するための調査を行う。

(4) かき養殖技術研修会

今年度のカキ採苗に関する状況やムラサキイガイの付着状況などについて研修会を行う。

2 ノリ・ワカメ養殖に関する調査及び指導

養殖海域の環境調査及び生育及び食害状況等の調査を行い、その結果をもとに技術指導を行う。

3 魚介類に関する指導

操業海域の環境調査を行い、その結果をもとに指導を行う。

4 漁場環境の調査
(1) カキ漁場環境調査

良質なカキ種苗の安定的確保等のため、広島湾北部海域及び大黒神島海域において、水温やプランクトン等の調査を行う。

(2) 広島湾底質調査

広島湾北部海域の底質の状態を把握するため、硫化物量等の調査を行う。

5 漁場環境の変化への対応

漁業団体からの要望や突発的な漁場環境の変化等に対応するための調査及び指導を行う。

6 地元産品の直販指導

ひろしま朝市等で漁業者自らが実施する販売活動の指導を行い、地産地消を推進する。

7 情報の提供

カキ採苗調査や漁場環境調査結果等を取りまとめ、広島市内の漁業団体をはじめ、関係者に情報提供する。

8 シジミ資源増殖に関する調査・研究

太田川におけるシジミ資源量を把握し、資源維持と漁獲のバランスを考慮した資源管理型漁業を導入するための基礎資料とする。

また、シジミ資源を増大させるため、「太田川再生方針(平成25年 広島市策定)」に基づく取り組みを漁業者とともに実施し、その効果検証を行う。

(1) シジミ資源状況調査

   太田川下流域のシジミ漁場におけるシジミの資源状況、水温及び塩分濃度の調査を行う。

(2) 人工種苗成育状況調査

   本センターで生産した種苗について、太田川における成育状況等の調査を行う。

つくり育てる漁業の推進

水産資源の維持増大を図り、市民へ新鮮な魚介類を安定的に供給するため、次の事業を行う。
1 種苗生産

次のとおり種苗を生産し、広島市に引き渡すとともに、広島市及び漁業関係者と共同で放流を行う。

平成29年度種苗生産の計画
種   類 計画数量 大きさ等 生産期間
ガザミ 20万尾 稚ガニ3令以上 5月〜9月
マコガレイ 10万尾 30mm以上 12月〜5月
オニオコゼ 3万尾 40mm以上 5月〜10月
アイナメ 1万尾 60mm以上 12月〜4月
2 シジミ種苗生産試験及び技術指導

平成26年度から実施している放流用種苗の生産試験に引き続き取り組むとともに、、漁業者自らが取組む種苗生産についての技術指導を行う。

3 種苗放流指導

漁業関係者を対象に、種苗放流、栽培漁業技術等の指導や研修会を開催し、技術情報の提供を行う。

4 種苗放流効果調査

漁獲物における標識放流魚の混入率調査を調査し、種苗放流効果の評価を行う。

5 施設等の維持管理

施設等の機能を良好に保つため、保守点検、維持補修を随時行う。

水産資源に関する調査

資源量や漁獲魚種を把握し、漁業指導の基礎資料とするため、次の事業を行う。
1 アサリの漁場別生息等調査

広島市海域のアサリの漁場別生息状況等を把握するための調査を行う。

2 魚介類の漁獲実態についての聴き取り調査

漁業者から、随時聴き取りを行い、漁獲魚種や漁獲量等を把握するための資料とする。

水産業に対する理解の促進

水産業に関する知識の普及啓発や理解の促進を図るため、関係団体の協力を得ながら、次の事業を行う。
1 海辺の教室

小学校3〜6年生の児童とその保護者を対象に、魚と漁業に関する学習会を毎月第3日曜日(11月を除く)に開催する。

2 水産関係イベント
(1) わくわく!漁業体験

漁業体験等のイベントを11月に漁業団体等と協賛して行う。

(2) 広島市水産まつり協賛

漁業団体が2月に開催する広島市水産まつりに協賛し、市民の「広島市の漁業」や「つくり育てる漁業」への理解を深めるため、種苗生産施設の公開等を行う。

3 広島かき子ども体験隊

小学校3〜6年生の児童とその保護者を対象に、カキ養殖作業の体験学習を漁業団体と共催して行う。

4 海と漁業の体験スクール

市内の小学校や子供会等に対し、カキ打ち体験、干潟の生物観察及び種苗の放流体験を行う。

5 施設の一般公開

資料展示室を公開するとともに、小中学校等の団体に対し、広島カキの養殖の説明や種苗生産施設の案内を行う。

6 水産知識の情報提供

インターネット等を活用し、水産業及び水産生物資源に関する情報を随時提供する。また、市民等からの依頼に応じて、漁業に関する研修会の開催や講師の派遣を行う。

収益事業等

内水面漁業及び海面養殖業の発展を主な目的とした種苗を生産し、広島市に引き渡す。
種   類 計画数量 大きさ等 生産期間
アユ 70万尾 0.5g以上 9月〜2月
モクズガニ 40万尾※ 稚ガニ1令以上 4月〜8月
ワカメ 7,000m(種糸) 幼芽3mm以上

4月〜12月

   ※モクズガニについては、生産目標とする。