海辺の教室


海辺の教室のご案内

広島市水産振興センターでは、魚と漁業に関する知識を普及啓発するため、小学校3〜6年生の子供さんとその保護者の方を対象に、海辺の教室を毎月第3日曜日(11月を除く)に開催しています。このページでは毎月の開催予定と直前に開催した教室の紹介をしていきます。先月以前に実施した海辺の教室の様子は左側のメニューからご覧ください。

6月分海辺の教室募集内容

対象
広島市在住の小学校3〜6年生とその保護者
※ 対象以外の方は、体験や試食などには参加できず、見学扱いとなります。
日時
令和元年6月16日(日) 13:00〜15:00
テーマ
メダカの観察
内容
顕微鏡でメダカの卵の観察
定員
抽選15組 無料
申込み方法
往復ハガキに以下の内容を記入し6月7日(金)(必着)までに、広島市水産振興センターへ郵送してください。  
1.郵便番号
2.住所
3.氏名(ふりがな)
4.電話番号
5.学年
6.保護者氏名
※お申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、事業運営の目的以外には使用しません。
※抽選結果は、締切日から概ね1週間以内に往復ハガキにより回答致します。
※往復ハガキ1枚につき1組(児童及び保護者)の申込みとなります。
※開催日当日は、参加者以外の方は、体験や試食等には参加できず、見学扱いとなります。
※2017年6月1日より郵便はがきの料金が変更となり、往復はがき料金は124円です。お間違えないようにお願いします。

講義

申込み及び問い合わせ先
733−0833 広島市西区商工センター八丁目5番1号
広島市水産振興センター
電話番号 082−277−6609

令和元年5月「かまぼこ作り」

5月の海辺の教室のテーマは「かまぼこ作り」でした。
 かまぼこが魚のすり身から作られていることやかまぼこの歴史などの学習を行いました。広島市のかまぼこの歴史は、江戸時代後期頃に西区の草津で作られはじめたと言われています。現在は、スケソウダラを主な材料としていますが、江戸時代の頃は、近海で獲れた魚を使ってかまぼこ等が作られていたと言われています。
 学習のあとはかまぼこ作り体験です。魚の身をすり鉢で練る作業やかまぼこ板にすり身をのせてドーム型に形を作る作業に少し苦戦しているようでした。皆さん、色々な魚を使って家でもかまぼこを作って食べてみてください。 

gakushuu

かまぼこの歴史や作り方などをクイズ形式で学習している様子です。かまぼこやちくわは魚のすり身から作られています。

kaibou

次は、かまぼこ作り体験です。今回は広島湾で獲れたクロダイとマダイの身でかまぼこを作ります。参加者の方は、すり鉢ですり身にしているのに苦戦している様子でした。

jiseki

かまぼこ板の上にすり身をのせ、ヘラを使って整える「成型」という作業です。

販売しているかまぼこの様に、きれいに作るのは難しいことを実感しました。

nimono

クロダイとマダイの身から作った板かまぼこと、スケソウダラのすり身から作った揚げかまぼこを試食しました。美味しいと好評でした。

» トップページへ戻る