海辺の教室


海辺の教室のご案内

広島市水産振興センターでは、魚と漁業に関する知識を普及啓発するため、小学校3〜6年生の子供さんとその保護者の方を対象に、海辺の教室を毎月第3日曜日(5月を除く)に開催しています。このページでは毎月の開催予定と直前に開催した教室の紹介をしていきます。先月以前に実施した海辺の教室の様子は左側のメニューからご覧ください。

1月分海辺の教室募集内容

市民と市政(令和3年1月1日号)掲載の海辺の教室(1月分)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため中止します。ご理解・ご協力をお願いいたします。

問合せ先:水産部普及指導課 TEL:082-277-6609

注意事項
1 以下に該当する方については参加しないようお願いします。
 ・体調の悪い方(来場時の検温の結果、発熱の症状がある方を含む)、健康や体調に不安のある方、過去2週間以内に
発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、過去2週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴のある方
 ・マスクを着用していない方
2 参加される方へのお願い
 ・入館時・退館時のアルコール消毒や手洗い、咳エチケットにご協力をお願いいたします。
 ・会話は控えめにし、特に大きな声での会話は行わないようお願いいたします。
 ・最低限、人と人とが接触しない程度の間隔を空けていただきますようお願いいたします。
対象
広島市在住の小学校3〜6年生とその保護者
※ 対象以外の方は、体験や試食などには参加できず、見学扱いとなります。
日時
令和3年1月17日(日) 13:00〜15:00
テーマ
カキ養殖
内容
カキ養殖の学習とカキ打ち体験
定員
15組 無料
申込み方法
往復ハガキ又はEメール(administrator@haff.city.hiroshima.jp)に以下の内容を記入し、1月7日(木)(必着)までに、広島市水産振興センターへ申し込んでください。  
1.郵便番号
2.住所
3.氏名(ふりがな)
4.電話番号
5.学年
6.保護者氏名
※お申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、事業運営の目的以外には使用しません。
※Eメールで申し込みされた場合は、Eメールの受信日から2日(土、日、祝日を除く。)以内に、受付確認のメールを返信します。返信がない場合は、電話等によりお問い合わせ下さい。
※抽選結果は、締切日から概ね1週間以内に往復ハガキ又はEメールにより回答致します。
※往復ハガキ1枚につき1組(児童及び保護者)の申込みとなります。
※開催日当日は、参加者以外の方は、体験や試食等には参加できず、見学扱いとなります。
※2019年10月1日より郵便はがきの料金が変更となり、往復はがき料金は126円です。お間違えないようにお願いします。

講義

申込み及び問い合わせ先
733−0833 広島市西区商工センター八丁目5番1号
広島市水産振興センター
電話番号 082−277−6609
Eメールアドレス administrator@haff.city.hiroshima.jp

令和2年11月「刺網から魚をはずす体験」

11月の海辺の教室のテーマは「刺網から魚をはずす体験」でした。

漁業や漁法(魚の獲り方)について、広島県で実際に行われているものを中心に勉強しました。勉強の後には、漁法の1つである刺網によって獲れた魚を、網からはずす体験をしました。マダイ、カサゴ、オニオコゼ、コノシロ、ボラ、ウミタナゴなどが網にかかっていて、参加したみんなは大興奮でした。

gakushuu

今月の講師は井口漁業協同組合の皆さんです。刺網から魚をはずす時の、注意事項について説明してもらいました。

erabi

早速、体験のスタートです。みんな上手に魚をはずすことができるかな?

sakusei

魚をはずす時には、とがったヒレなどでケガをしないように、竹ぐしを使いました。

kannei

たくさんの種類の魚が網にかかっていましたね。近くの海でこれだけの魚が獲れることにみんな驚いていました。

» トップページへ戻る