海辺の教室


海辺の教室のご案内

広島市水産振興センターでは、魚と漁業に関する知識を普及啓発するため、小学校3〜6年生の子供さんとその保護者の方を対象に、海辺の教室を毎月第3日曜日(11月を除く)に開催しています。このページでは毎月の開催予定と直前に開催した教室の紹介をしていきます。先月以前に実施した海辺の教室の様子は左側のメニューからご覧ください。

5月分海辺の教室募集内容

対象
広島市在住の小学校3〜6年生とその保護者
※ 対象以外の方は、体験や試食などには参加できず、見学扱いとなります。
日時
平成29年5月21日(日) 13:00〜15:00
テーマ
メダカの観察
内容

メダカの育て方と卵の観察

定員
抽選15組 無料
申込み方法
往復ハガキに以下の内容を記入し5月8日(月)(必着)までに、広島市水産振興センターへ郵送してください。
1.郵便番号
2.住所
3.氏名(ふりがな)
4.電話番号
5.学年
6.保護者氏名
※お申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、事業運営の目的以外には使用しません。
※抽選結果は、締切日から概ね1週間以内に往復ハガキにより回答致します。
※往復ハガキ1枚につき1組(児童及び保護者)の申込みとなります。
※開催日当日は、参加者以外の方は、体験や試食等には参加できず、見学扱いとなります。

講義

申込み及び問い合わせ先
733−0833 広島市西区商工センター八丁目5番1号
広島市水産振興センター
電話番号 082−277−6609

平成29年4月「プランクトン」

 4月の海辺の教室のテーマは「プランクトン」でした。
 海の中を漂うプランクトンや赤潮が発生する仕組みなどについて学び、井口港でプランクトンネットを使ってプランクトンの採集を行いました。
 採集したプランクトンを教室に持ち帰り、顕微鏡で観察し、スケッチをしました。
 また、当センターで魚の餌として飼育している、ワムシの飼育水槽の見学を行いました。一見何もいないように見える澄んだ海水の中にも顕微鏡で観察すると色々な種類のプランクトンがいることがわかり皆さん驚いていました。

まずは、プランクトンの生態や赤潮が発生する仕組みなどについて学習しました。プランクトンに関するクイズなども交え、楽しみながら学習することができました。

教室で学習した後、港でプランクトンを採集しました。参加者の皆さんは、一生懸命プランクトンネットを曳いていました。

顕微鏡で観察しました。参加者の中には、夜光虫やフジツボの幼生を発見した方もいらっしゃいました。皆さん、めずらしいプランクトンを見つけようと夢中になって観察していました。

当センターのワムシの飼育水槽の見学です。ふ化した魚の餌となるシオミズツボワムシの説明を聞いています。

» トップページへ戻る