海辺の教室


海辺の教室のご案内

広島市水産振興センターでは、魚と漁業に関する知識を普及啓発するため、小学校3〜6年生の子供さんとその保護者の方を対象に、海辺の教室を毎月第3日曜日(11月を除く)に開催しています。このページでは毎月の開催予定と直前に開催した教室の紹介をしていきます。先月以前に実施した海辺の教室の様子は左側のメニューからご覧ください。

9月分海辺の教室募集内容

対象
広島市在住の小学校3〜6年生とその保護者
※ 対象以外の方は、体験や試食などには参加できず、見学扱いとなります。
日時
平成28年9月18日(日) 13:00〜15:00
テーマ
プランクトン
内容

海水の中にいるプランクトンを顕微鏡で観察します。

定員
抽選15組 無料
申込み方法
往復ハガキに以下の内容を記入し9月7日(水)(必着)までに、広島市水産振興センターへ郵送してください。
1.郵便番号
2.住所
3.氏名(ふりがな)
4.電話番号
5.学年
6.保護者氏名
※お申し込みの際にご提供いただいた個人情報は、事業運営の目的以外には使用しません。
※抽選結果は、締切日から概ね1週間以内に往復ハガキにより回答致します。
※往復ハガキ1枚につき1組(児童及び保護者)の申込みとなります。
※開催日当日は、参加者以外の方は、体験や試食等には参加できず、見学扱いとなります。

講義

申込み及び問い合わせ先
733−0833 広島市西区商工センター八丁目5番1号
広島市水産振興センター
電話番号 082−277−6609

平成28年8月「育てる漁業:オニオコゼ」

8月の海辺の教室のテーマは「育てる漁業:オニオコゼ」でした。

水産振興センターで育てたオニオコゼなどを使って、水産振興センターのメインの仕事の1つである「育てる漁業(栽培漁業)」について学習しました。

「育てる漁業(栽培漁業)」とは、人の手で卵から稚魚をふ化させ、一定の大きさまで育てた後、育てた魚を海に放流して海の資源を守ることです。

開催日当日は、水産振興センターで育てたオニオコゼとマコガレイの稚魚の放流体験やオニオコゼの味噌汁の試食などを行い、とても好評でした。

まずは、水産振興センターの種苗生産施設(※)を見学し、栽培漁業と養殖漁業の違いなどについて学習しました。(※)種苗生産施設とは、魚の稚魚をつくり、育てる施設のことです。

コイワシ

水産振興センターで育てたオニオコゼの稚魚です。 オニオコゼは、稚魚と言っても親魚と同様に背びれに毒を持っているため、注意が必要です。また、オニオコゼ稚魚のほかに、マコガレイ稚魚も観察しました。

衣づけ

港に移動し、オニオコゼとマコガレイの稚魚を放流しました。参加者の皆さんは、「大きくなってね。」と声をかけながら放流し、稚魚が元気に泳いでいく姿を見て、なごり惜しそうでした。

衣づけ

最後に、オニオコゼの味噌汁を試食しました。

味噌汁は、オニオコゼの出汁がしっかりと出て、身もプリプリとしてとても美味しいと好評でした。

» トップページへ戻る