栽培漁業


ワカメ

ワカメ

ワカメはほぼ全国に分布している褐藻類で、生長すると1〜2メートルになります。  春になると成実葉(メカブ)から遊走子が放出されます。放出された遊走子は岩上などに着生し、その後、発芽してオスとメスの区別のある配偶体となります。夏場、高水温になると配偶体の細胞膜が厚くなり、休眠状態になります。秋になり水温が20℃以下になると休眠から覚め、配偶体が成熟し、卵と精子がつくられます。その卵と精子が受精すると芽胞体が発芽します。発芽した芽胞体は水温が下がるにつれて目に見えるぐらいの大きさの幼芽となります。幼芽は冬の間に急速に生長します。ワカメは生長する時に体全体を大きくするのではなく、葉と茎の間に生長点と呼ばれる部分があり、先に出た葉を押しあげるようにして成長します。したがって、葉の下の部分が新しい葉になります。冬がワカメの旬で、春に遊走子を放出すると枯死します。このようにワカメは一年間で一生を終えます。

>遊走子付け

4月、大潮の干潮時にワカメの成実葉(メカブ)を採取に行きます。

収穫したワカメの成実葉です。成実葉は、大きくて黒褐色で粘液に富むものが多く遊走子を出すようです。

しばらく乾燥させた成実葉を海水に浸します。

しばらくすると成実葉の周辺が茶色く濁ってきます。これが遊走子です。

成実葉を取り除いたところです。上の写真と比べてみると海水の色が違うのが分りますね。

顕微鏡で見た遊走子です。黒い点が1つの遊走子です。右側の図のように鞭毛を持ち、しばらくの間、この鞭毛で活発に動き回ります。

この遊走子が活発に動き回る間に、糸を巻いた枠(採苗枠)を入れていきます。

時間が経つと遊走子は糸に付着します。遊走子が付着したら遊走子付けの作業は終了です。

培養・管理

遊走子付けを行った採苗枠は、コンクリート水槽に入れて水温と照度を管理しながら培養します。

遊走子が発芽してできる配偶体です。この状態で水温が下がる秋まではほとんど変化がありません。

気温が下がり始めた9月下旬頃からは、透明な水槽に入れて光を取り入れます。ここからワカメの本格的な生長がはじまります。

気温が下がり始めた9月下旬頃からは、透明な水槽に入れて光を取り入れます。ここからワカメの本格的な生長がはじまります。

中間育成(沖だし)

芽胞体がある程度大きくなったところ(0.5mmぐらい)で、海での中間育成に移ります。海では栄養塩や光など、芽胞体が生長するために良い環境が整っている半面、珪藻や汚れがたくさん付着します。そこで、ワカメがこれらに負けないように、毎日海水をかけて洗わなければなりません。

こうして出来たものが写真の種糸です。葉っぱのように見えるものがワカメの幼葉で、ワカメ養殖はこの糸をロープやワラ縄に巻いて行われます。