広島かき子ども体験隊


平成30年度広島かき子ども体験隊の最新情報

平成30年9月24日 

講義

はじめに、広島かきの養殖方法やカキの歴史を学習しました。広島県で生産されているカキのむき身重量は、年間約2万トンと知り、皆さん驚かれている様子でした。

港へ移動

講義の後は、カキ養殖業者さんの作業船に乗船し、草津港に移動です。普段乗ることのできない作業船に乗船することも広島かき子ども体験隊の醍醐味です。 

採苗連

採苗連です。この夏、広島湾で採苗された稚カキです。

通し替えは、このホタテガイの貝殻を新しい針金に通し、管で間隔を拡げることです。そうすることで、カキの成長を促します。

稚ガキ

カキ養殖業者さんによる「通し替え」のお手本を見学している様子です。皆さん真剣にカキ養殖業者さんの説明を聞いています。

次は、いよいよ体験隊の皆さんが通し替えを行います。

通し替え

養殖業者さんにやり方を聞きながら、通し替えを行いました。稚ガキがついたホタテガイの貝殻と管を交互に通し、垂下連を作っていきます。今回用意した垂下連は、約5mで、 15枚のホタテガイの貝殻を通しています。

垂下連

皆さん苦戦しながらも上手に通し替えすることができました。体験隊では、約60本の垂下連を作りました。

再び作業船に乗船し、筏がある弁天島まで移動です。

漁場到着

こちらは、通し替え体験で用いた稚ガキです。殻高約5mmほどまで成長しています。

小さくても、もうカキの形をしています。このカキが収獲までにどのくらい成長するのか楽しみです。

垂下作業

養殖業者さんの本垂下作業を見学しました。養殖業者さんは筏の上を軽快に移動し、垂下連をすばやく吊るしていたことに、皆さん驚いていました。

平成30年10月15日

養殖連

垂下連の様子です。本垂下してから約3週間経過し、小さかった稚貝が大きく成育しています。

大きいカキは殻高約3pになっています。

牡蠣成育

ホタテガイの表、裏に付着しているカキがそれぞれ成長し、塊のようになっています。

カキの殻の先端が薄くギザギザになっており、順調に殻が伸びています。

稚カキ

2本ずつ束ねて吊っていた垂下連を、1本ずついかだに吊るし直しました。このことを「さばく」と言います。

写真はさばいた後の写真です。

水中写真

海の中の様子です。この日は、海の中にカキのエサとなる植物プランクトンが多く、それを食べすくすくと成長しています。3月の収獲が今から待ち遠しいです。

平成30年11月12日

養殖連

本垂下してから約2ヶ月経過し、大きいカキは殻高約4pになっています。

牡蠣成育

ホタテガイの表、裏に付着しているカキがそれぞれ成長し、ホタテガイの貝殻が見えにくくなりました。

稚カキ

塊をひとつ持ち帰り、カキを外して観察しました。

まだ、食べれる大きさではないですが、殻の厚みも徐々に成長している様子でした。

水中写真

カキの殻を開けて、身入りの状況を確認すると、小さいものの太り始めていました。

» トップページへ戻る