広島かき子ども体験隊


平成29年度広島かき子ども体験隊の最新情報

平成29年9月10日 

講義

まず、カキ養殖の方法やカキの歴史を学習しました。夏場にかきの赤ちゃん(稚ガキ)を採取する作業『採苗』のことを知り、皆さん驚かれている様子でした。

港へ移動

草津港に移動し、先ほど学習した作業の1つ『通し替え』に挑戦です。まず、養殖業者さんにやり方を聞きました。皆さん真剣に話を聞き、やり方を覚えていました。

採苗連

採苗連です。広島湾でホタテ貝の殻に稚ガキを付けた後、環境の変化に強くするために、干潟にある抑制棚で育てたものです。今年度は昨年度の稚ガキも使いました。

稚ガキ

ホタテ貝に付着した稚ガキです。殻高約1.5cm程まで成長した稚ガキがホタテ貝の殻1枚に約30個ついていました。小さくてももうカキの形をしています。

 

通し替え

養殖業者さんにやり方を聞きながら、通し替え体験を行いました。稚ガキがついたホタテ貝の殻とパイプを針金に交互に通し、垂下連を作ってきます。

実際の作業も手作業であることに驚き、養殖業者さんの大変さを理解されていました。

垂下連

皆さんで通し替えた垂下連です。体験隊では、長さ約5mの垂下連に約15枚のホタテの殻を通しています。今回は、全員で約60本以上の垂下連をつくることができました。

この段階では、皆さんが普段見て知っているカキの姿や大きさに成長していくのか不思議に感じている様子でした。

漁場到着

カキ作業船、通称『親船』に乗り、たくさんの島やカキ養殖筏の素晴らしい景色を見ながら、弁天島の養殖漁場までクルージングです。ここでは、皆さんがつくった垂下連を養殖業者さんが養殖筏に吊るす「本垂下作業」を見学しました。

垂下作業

本垂下作業をする様子です。養殖筏が波で揺れていたにもかかわらず、養殖業者さんは軽快に筏の上を移動し、垂下連をすばやく吊るす作業の様子に、皆さん驚いていたようです。

これから3月の収獲に向けて、皆さんが通し替えをした稚ガキが、エサ(植物プランクトン)をたくさん食べて大きくなるのが楽しみです。

平成29年10月16日

養殖連

養殖連の様子です。本垂下してから約1ヶ月間経過し、小さかった稚貝が大きく成育していました。

ホタテガイの表、裏に付着しているカキがそれぞれ成育し、塊のようになっています。

牡蠣成育

9月に通し替えをした時のカキは殻の高さ約1.5cm程の大きさでしたが、大きいもので約5cm程に成育していました。殻の先がギザギザし、伸びているのがわかります。

稚カキ

殻をあけたむき身の様子です。エサ(植物プランクトン)を毎日たくさん食べて、徐々にプックリと身がふくらんできていました。

水中写真

海の中のカキの様子です。エサを食べて一カ月後、さらに大きくなるカキが楽しみです。